MENU

腫瘍摘出手術後 傷跡を見てちょっとショック・・・

ようやく2日経ったので、風呂に入りました。

 

 

風呂に入る前に、患部周辺のヒゲを剃ろうと思いバンソウコウをはがしますよね。

 

当然、術後の患部をまじまじと見ることに・・・。

 

ここで大変ショックな出来事が!

 

始めてみた患部の状態は、思いのほか「えぐられ」ていて、びっくりです。

 

 

 

 

 

 

そういえば、最初に行った皮膚科の先生に、「顔は、けっこうえぐった後が戻らないんだよ」
って言われたのを、思い出しました。

 

 

手術前にいろいろ考えたり、手術中にがんばったこと、いろんな精神面・・・、それらを総合した
ここ何ヶ月かで
一番ショックで、へこんだかもしれません。

 

 

この「えぐれ」を目の当たりにすると
「やっぱりたいしたことはない、といっても手術は手術なんだ。大変なことなんだ」

そう強く思いました。

 

 

 

そんなに痛みはありませんが、押すと痛いのでやさしく洗いました。
入浴後に、消毒液で消毒し、大きなバンソウコウを貼ってOKです。

 

 

少し落ち着いたので、冷静に考えてみましたが、切除した後が大きくえぐれているのは、
切除の部位の大きさだけでなく、切開のために傷の周りが腫れているために、
余計そう見えるのでは、と思い直しました。

 

しばらくは様子を見よう、少しは状況変わるかも、そう心に言い聞かせました。